投資信託 税金

面倒な投資信託の税金の手続きを楽にするには

投資信託を購入して分配金を受け取ったときには所得が発生します。また、買った値段よりも高い値段で売れば売却益が発生しますから、これも税務上は諸遠くとして扱われます。本来は確定申告をして納税しなければなりません。ある銘柄で利益が発生し、別の銘柄で損失が発生すれば、損失を通算することによって節税できるなど、いろいろな方法で税金を安くすることは可能ですが、それが本業ではない人の場合には面倒だと感じることも多いのではないでしょうか。税金に関する手続きを楽にする方法が源泉徴収ありのと行程口座を開設することです。源泉徴収ありの特定口座を開設しておけば、投資信託の利益が発生した時点で金融機関が納税してくれます。また、源泉徴収なしの場合には納税はしてくれませんが、納税に必要な書類の作成をしてくれますから、投資信託によって発生する税金の扱いはかなり楽になると考えられます。口座開設時にどうするのかをしっかり考えましょう。