投資信託 手数料

投資信託に関係する手数料は3種類あります

投資信託を購入すれば手数料を支払わなければなりませんが、これには3種類あることを知っておきましょう。そして、最終的にどれくらいの手数料を支払わなければならないのか、買う前にきちんと確認しておくことは必要です。一つは買い付け手数料と言われるものです。最近ではこれがかからないノーロードファンドなどがありますから、最初に支払いたくない場合にはノーロードファンドを選ぶのも良い方法です。信託報酬を中心として、保有期間に応じてかかるものもあります。年率に換算して表示されることが多いです。投資信託を長期間保有しようと思っているときには、信託報酬などが安いものを選んでおいた方が良いです。投資信託を売却するときにかかるのが信託財産留保です。信託財産留保の金額はあまり大きくはありませんが、支払わなければならないことに変わりはありません。ですから、買う時点でどれくらい支払わなければならないのかを把握しておくことは必要です。