投資信託詐欺

投資信託詐欺の被害に合わないための方法とは

投資家に必ず利益が出るようなことを宣伝し、投資家から得た資金を横領する投資信託詐欺は少なくありません。投資信託詐欺の被害に合わないためには投資信託を知ることが重要です。投資信託とは、投資家から資金を集めて、ある投資案件で資産運用します。そのため、資金を募集しているファンドは何で運用するのか投資家に説明し、投資家が、その運用に賛同すれば、ファンドに投資します。例えば、A国の経済が今後10年間は安定的に経済成長するので、A国の銀行に投資して資産運用すると説明されたときに、投資家も、その考えに賛同すれば投資します。しかし、誰もが未来を予測できるわけではないので、A国の経済が予想通りに伸びないこともあります。その時は元本割れの可能性があります。しかし、投資信託はプロのファンドマネージャーが運用するので、元本割れでも、損失を最小限にとどめるように運用します。以上のようなことを把握していると、高利回り、元本保証を宣伝しているファンドは、投資信託で保証できるとは考えられないことですし、未公開株やよくわからない開発に投資するようなファンドは、プロのファンドマネージャーでも大きな損失を伴うリスクがあるので投資信託詐欺の疑いがあると言えます。