投資信託 株 違い

投資信託と株の主な違いについて知っておきたいこと

投資信託も株式投資も、現在では広く一般的に受け入れられている投資商品になっていますが、両者の違いはどこにあるのでしょうか。株を買うということは、その会社に直接投資をするということになります。会社が成長したら利益の分配を受けたり、株価が値上がりしたタイミングで売却することで利益を得ることになります。利益の分配は、配当という金銭であることもあれば、その会社の商品やサービスの形で受け取ることもあります。反面、会社が倒産した場合などには、価値がゼロになってしまうことも理解して購入することが必要になります。投資信託の場合には、運用会社にお金を預けて、運用してもらうことになります。一つの会社にだけ投資をするわけではなく、複数の会社に投資をすることになり、利益は分配金やキャピタルゲインという値上がり益の形で受け取ることになります。それぞれの投資信託は、運用方針などを事前に開示しています。どの地域のどういった会社に投資するかは開示されるということです。投資信託は、複数の会社に投資することからリスクの分散が図れる点がメリットの一つです。